こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

千疋屋のみかん〜1個300円の実力とは

千疋屋の果物と言えば、言わずとしれた高級品

メロン1個で2万とかしたり。

フルーツの詰め合わせが5万とかしたり。


ここまでくると庶民には買えない、

と言うか共感できない価格設定になっています。


そんな千疋屋さんの果物ですが

毎年旦那氏の会社にお歳暮としてみかんが届きます。

ここ数年、何個か持って帰ってきてくれるので

有り難く頂いています。


みかんと言えども千疋屋フルーツ

せっかくなので、どんなものかご紹介いたします。

千疋屋のみかん

みかんにも色々あるようですが、

大体ひとつ300円前後の価格設定みたいです。


まずは、見た目。

スーパーに並んでいるものに比べ

やはり美しいです。

f:id:cocoromochiron:20190112224308j:plain

程よいサイズで、コロンと丸みがあり

キレイなオレンジ色。そして艶有り。


千疋屋のシールに、有り難みを感じます。


皮を向くと、こんな感じ。

まぁ、みかんですね。

f:id:cocoromochiron:20190112224326j:plain


薄皮は、みかん自体がこぶりでないので

極端に薄くはないですが、もちろん厚くはないです。

気にせず食べられる厚さ。

f:id:cocoromochiron:20190112224355j:plain


半分にカット。

キラキラと美しい果肉。

f:id:cocoromochiron:20190112224411j:plain

皮もむいてみました。

むきやすい皮です。

やはりキレイなオレンジ色。

f:id:cocoromochiron:20190112224426j:plain

味ですが、甘いです。

優しい甘さです。


酸味を感じません

なので酸味好きな方には物足りないかも。

とにかく、酸味のない甘すぎない甘さです。

毎年ブレずに同じ味に感じます。

さいごに

千疋屋のみかんは、まず見た目が美しいです。

そして、酸っぱくありません。


実は私は、甘酸っぱいみかんが好きなので

いつも買う、1袋¥298のSサイズみかんの方が好きかもしれません。


ただ、自分では決して買わないけれど

たまには高級な、美しいみかんを

有難がりながら食べるのも悪くないなぁ、と思います。


みかんは日本の冬になくてはならないもの。

当たり前のその存在を改めて感謝するには

千疋屋さんの美しいみかんは、うってつけだなと思いました。


★贅沢なみかんゼリーもあります★

スポンサーリンク