こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

2018年7月 シャトレーゼ&信玄餅の桔梗屋工場見学

先日、毎日暑くてかなわないので避暑がてら山梨のシャトレーゼ工場見学へ行ってきました。

工場見学への憧れを持っている我が家にとって、シャトレーゼは高嶺の花でした。

遠くてそうそう行けないけれど、いつかは行きたい。
夏・避暑・アイス食べ放題と役者は揃いました。今がその時です。
満を持して出発いたしました。

平日のため都内を避け、圏央道経由で中央道に乗りました。
小淵沢インターで降りると、湿度の低いひんやりした空気に避暑地を感じ、早速気分が盛り上がります。

シャトレーゼ工場見学

シャトレーゼは2018年7月から予約制になっています。
ネットで簡単に予約ができます。

敷地の入り口ゲートで警備の方にスマホの予約画面を見せる必要がありますので、画面を準備していったほうがスムーズです。

平日でしたが、駐車場は大体埋まっていました。
夏休みパワーでしょう。

こちらが入り口。
f:id:cocoromochiron:20180729212357j:plain

建物入り口の階段を降りると売店で、向かって左の階段から2階に上がり、工場見学へと進みます。

工場見学ルートが掲示されていました。
f:id:cocoromochiron:20180729212315j:plain

下駄箱で備え付けのサンダルに履き替えます。
こちら、子供用のサンダルも多く用意されていたのですが、息子君に合うサイズがなく困りました。

16cmかその次だと21cmしかないのです。
子ども客が多く、サンダルが出払っているだけなのでしょうか。

次から次へと来るチビッコから、「サイズがない」の声が聞こえていました。
18cmサイズの在庫を増やして頂けたらと思います。

仕方なく息子君にブカブカのサンダルを履かせ、進みます。

最初にネットなどでよく見かける水をイメージしたトンネルを通過。
記念にパチリ。
f:id:cocoromochiron:20180729212218j:plain

トンネルを抜けると製餡コーナーです。
しかし製餡機は洗浄中の様で、息子君素通り。

外部デッキを通り、アイスブースへ向かいます。
f:id:cocoromochiron:20180729212444j:plain
山の中の工場ならではの、避暑感&夏休み感です。
f:id:cocoromochiron:20180729212509j:plain

アイスブースは人でごった返していました。
その時期によって種類が異なるようですが、アイスが食べ放題です。

まずはコスパが良さそうなこちらから実食。
f:id:cocoromochiron:20180729212537j:plain
甘い・・・。
もともと甘さが強いものが苦手な私。
一つ食べるのもやっとな予感。
コスパ重視作戦失敗です。
策に溺れました。

こどもに一本は無理だろうと、隣で同じアイスを食べていた息子君に
「パパに半分食べてもらえば?」
と提案したところ
「いい!」
と、頑なにアイスを握りしめています。

よくみるとそこかしこで同じような光景が。
普段ではあり得ないアイスの大人食いに、子供達はやっきになっている模様です。
「お腹大丈夫?」
不安そうなママたちの声が聞こえます。

結局私はもう一本、十勝あずきバーを食べました。
いつもお店で見て気になっていたのです。
f:id:cocoromochiron:20180729212632j:plain
純粋なクリームアイスベースと言うよりは、硬めのバーなので、普通のあずきバーよりはサッパリと食べられると思いました。
しかし、やはり甘い。
二本でギブアップです。

旦那氏は
「せっかく時間とお金をかけて来たのだから」
と、せっせと食べていました。
シンプルな「搾り立て牛乳バー」が気に入ったようで、「これすごいウマイ!」柄にもなく3本平らげました。

アイスブースで工場見学ルートは終わりです。
最後に売店で買い物をして、シャトレーゼを後にしました。

アイス食べ放題で口の中が甘くなっていたので、売店ではお煎餅を買いました。
旦那氏のこれまた
「せっかく時間とお金をかけて来たのだから」
の意見で限定品のラスクも買いました。
f:id:cocoromochiron:20180729212728j:plain

信玄餅桔梗屋工場見学

シャトレーゼの工場見学は期待しすぎたのか、少しもの足りませんでした。

そこで、帰り道にある信玄餅の工場見学にも行こう!と言うことになりました。

シャトレーゼからは1時間弱で着きます。
駐車場に着くと、あまーい香りが。
桔梗屋の焼き菓子か?と思ったのですが、洋菓子WESTの工場からでした。
なんと桔梗屋のお隣にあるんですね。
今回は行かなかったのですが、あのリーフパイが少しお安く買えるようです。

桔梗屋の工場。
f:id:cocoromochiron:20180729212804j:plain
観光バスが停まっていました。
シャトレーゼとは客層が違います。やや年齢層高め。
詰め放題の方、こちらでーす。
と案内されていました。
ツアーが、あるんですね。

工場見学自体は、信玄餅と信玄棒製造ブースを見る感じです。
f:id:cocoromochiron:20180729212848j:plain
桔梗屋は建物こそ古かったですが「見せ工場」感があり、見学しやすかったです。

最後にお土産を買って帰宅。
f:id:cocoromochiron:20180729215652j:plain
ここでは、普段は買えないような信玄餅の派生品(信玄棒とか信玄アイスとか信玄プリンみたいなのとか)が買えて楽しいです。
色々買いました。

時間の関係でササッと見ただけですが、看板を見ると見どころが色々あるみたいです。
f:id:cocoromochiron:20180729212958j:plain

桔梗屋お土産紹介

この度購入したもの達です。
f:id:cocoromochiron:20180729213050j:plain

☆桔梗信玄プリン

f:id:cocoromochiron:20180729213124j:plain
抹茶とプレーンの二個セットを購入。
抹茶・・・甘めの抹茶プリンですね。抹茶ババロアを想像しながら食べると「甘っ」となります。
セットの蜜は、黒蜜ではなく薄めの色。
舐めてみるとなんだか知ってる味・・・。
正解はパッケージに書いてありました。
蜂蜜+黒蜜なんだそうです。

プレーン・・・これ、美味しい。きな粉プリンですね。黒蜜も安定の美味しさ。だだ、かけすぎ注意です。

息子君にも両方を味あわせてあげようと、半分ずつお皿に入れたところ、すごい勢いでぐるぐるかき混ぜてしまいました。
f:id:cocoromochiron:20180729213241j:plain
アボカド・・・?
子どもは、味とかどうでもいいみたいです。

桔梗信玄餅どら

f:id:cocoromochiron:20180729213324j:plain
これも、美味しかったです。
もちプラスどら焼き、なんて素敵なこと間違いなしですが、ちゃんと皮もお餅も柔らかくて、どら焼き嫌いな旦那氏も納得のクオリティでした。

☆桔梗信玄棒

f:id:cocoromochiron:20180729213411j:plain
黒棒を想像して食べましたが、言うなれば黒糖きな粉ドーナツですかね。
少し重い気がするのは、油で揚げているのかな?
桔梗屋のホームページをみても「きな粉を練り込んだ生地に黒蜜が染み込みふわふわしっとり」とあるばかりでそのへんは分かりませんでした。

リーズナブルですし、デスクでも食べやすい。
サイズ感がちょうどよいので、お土産にはいいかな、と思います。
だだ「へえ、こんなのもあるんだ!(信玄餅の方が良かった)」と思われる可能性は否めませんが。

桔梗信玄餅アイス

f:id:cocoromochiron:20180729213525j:plain
オリジナルとプレミアムを購入。
見た目がだいぶ違いますね。

オリジナルの方、お餅はどこ?
f:id:cocoromochiron:20180729213614j:plain
ここです。
この段階で、餅は矢印の2箇所。
餅少なめ。

対してプレミアムは蓋を開けると、ドーンと餅が鎮座ましましていらっしゃいます。
黒蜜はどこ?
f:id:cocoromochiron:20180729213739j:plain
ここです。
20円しか違わないなら、プレミアムを買いたいですね。

シャトレーゼ信玄餅の工場見学まとめ

念願の山梨工場見学でしたが、移動時間と費用を考えると、それぞれ単体では物足りないかなといった感じでした。
でも、つねづね行きたいと思っていた2箇所にまとめて行けたので、満足しました。
なにより、元々好きだったシャトレーゼにさらに親近感が湧きました。
聖地巡礼です。
旦那氏は信玄餅が大好物なので、桔梗屋聖地巡礼

「見せ工場」としては前回訪れたグリコピアイーストの方が、完成度が高く楽しかったです。
当日でも空いていれば見学できるし、神対応が印象に残っているグリコ様。

うちの近所の、団体しか受け付けてくれない某大手製菓メーカーにも見習ってもらいたいものです。

スポンサーリンク