こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

メレンゲ菓子の正式名称は?ムラング?ロッシェ?シュクセ?

先日、母がお土産に持って来てくれたお菓子を食べて
久しぶりに感動しました。

そのお菓子を紹介します。

宇都宮市ハレノヒさん

ハハがお土産に持って来てくれたのは
栃木県宇都宮市のハレノヒさんの焼き菓子。

ハレノヒさんはヘアサロン&スウィーツのお店だそうです。

f:id:cocoromochiron:20190423131105j:plain
f:id:cocoromochiron:20190423131116j:plain

ヘアサロンとスウィーツとはなんの関わりが?
つながりあるキーワードとしてはおしゃれ?か?

などと思いながらも有り難くご相伴に預かったのですが
どのスウィーツも美味しくてびっくり。

なかでも
「ノワゼット」
という名のお菓子が想像を上回る美味しさ
でした。

ハレノヒさんのノワゼット

f:id:cocoromochiron:20190423131134j:plain
f:id:cocoromochiron:20190423131151j:plain

よくあるメレンゲ(卵白)のお菓子だな。
と思って頂きました。

すると。

中に何か入ってる!

カリッとした心地よい歯ごたえに続き
香ばしい香りが鼻を抜けていきました。

ヘーゼルナッツが入っていていたのです。

f:id:cocoromochiron:20190423131205j:plain

なんて美味しいのかしら!
(画像、美味しくなさそうですけど・・・)
ナッツ入りスイーツ好きにはたまりません

また、一般的なメレンゲ菓子に比べると
甘さも上品な気がします。

f:id:cocoromochiron:20190423131243j:plain

原材料をみると
カソナード
とありました。

カソナードとはなんぞや?

と調べてみると
さとうきび100%のブラウンシュガー
なんだそうです。
フムフム。
これが白砂糖とは違う味わいなのでしょう。

よくあるメレンゲ菓子を想像して食べたら
そのはるかに上を行く美味しさに驚かされました。


スポンサーリンク


メレンゲ菓子の正式名称

さて、このメレンゲのお菓子。

よく目にするのですが、いったいなんと言うお菓子なのか。

ハレノヒさんのパッケージには

「ノワゼット」

とありましたので、

ノワゼットなのか!

と検索したところ

ノワゼットとは
木の実を入れたお菓子の総称のようです。

そこで
メレンゲ菓子

で検索すると

ムラング
ロッシェ
シュクセ

などの名称がヒット。

しかし、
ムラング→卵白に砂糖を加えて泡立てたもの(メレンゲ)こと

ロッシェ→フランス語で「岩」の意味。岩に似た菓子に使われる。

シュクセ→卵白やアーモンドを材料としてつくられる菓子のこと

とのことで、バチッとこのお菓子に
当てはまるわけではなさそう。

結局

メレンゲクッキー
焼きメレンゲ

あたりが、このお菓子の名称として広く知られたもののようでした。

さいごに

私は食べるのが大好きで
食べるときは、いつも幸せを感じています。

そして時々感動するほど美味しいものに出会いますが、
それはおしなべて

「想像した味と違った、想像を超えた味だった」
時です。

慣れるとその感動も薄れてしまうのかもしれませんが

その感動に出会いたくて、
またその感動を誰かに伝えたくて

美味しいものを探し続けるのかもしれません。

宇都宮市まではなかなか用がなければ行かないと思いますが

ノワゼット(ナッツが入った)の
メレンゲクッキーを見つけたら
是非一度食べてみてくださいね。

スポンサーリンク