こころもちろん〜たるをしる

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

amazon prime Wardrobeで上履きフィッティング大会、アサヒとアキレス編

先日、8歳長男の上履きをamazon prime ワードローブで選びましたのでレポート致します。

スポンサーリンク



amazon Wardrobeとは

amazonワードローブ対象の商品に限りますが、自宅で試着できるサービスです。試着後、気に行った商品を購入、その他を返送できるというサービスです。

にわかに信じがたい程消費者寄り。実店舗からしたら驚異に他なりません。

このサービスはprime会員なら無料で利用できます。

注意点は、指定の期間内にアカウント上で購入or返品手続きをし、返品商品を発送する必要があること。
これをしないと全品購入になってしまい、逆に鬼のような出費になります。

うわばきを自宅で選ぶ

そもそもなぜうわばきを買うのにamazon prime Wardrobeを、利用しようと思ったのか。

いちばんの理由は、コロナ禍で買い物に行けないこと。
行ったとしても、人の多いショッピングセンターで感染リスク有り、長男が買い物に飽きてぐずる、2歳次男が狂喜してイオン内を猛ダッシュする・・・等、良くない未来が見えすぎます。

また、ショッピングセンターって意外と上履きに品揃えが少ない。

逆にamazon ならば品揃え豊富、prime Wardrobeを使えばメリットしかないのです。

スポンサーリンク



アサヒドライスクール アキレスバレーとうわばき+

学校指定のうわばきはありますが、そんなに厳密にそれを履かなければいけないこともないらしく。

この際、数種類の上履きを試してみることにしました。

今回レンタルさせて頂いたのはこちら。
アサヒドライスクール アキレスバレーとうわばき+です。

f:id:cocoromochiron:20210914133111j:plain

長男の足のサイズは20cmです。

外履きは+1cmと言われているので21cmを履いています。

はて、上履きはどうしたものか?

そこで20cm、20.5cm、21cmを購入しました。20.5はアキレスバレーのみ在庫ありでした。

履いてみてビックリ、メーカーごと(メーカー同じでも商品ごと)にサイズ感が違う。

同じ20cmで比較すると
うわばき+>バレー>ドライスクール
です。
f:id:cocoromochiron:20210914133141j:plain
画像でも大きさの違いがなんとなく分かります。

同じアキレスでもうわばき+とバレーでこの違い。
f:id:cocoromochiron:20210914133150j:plain
特にうわばき+はつま先部分にゆとりがあって、履きやすいようです。

ちなみに長男君は特に幅広でも甲高でもなく、どちらかと言えばスッキリとした足です。

ならば、20.5はどうか?と思いましたが、結局バレーの20.5は大きすぎるとのことで、うわばき+の20cmに、決めました。

しかしこのうわばき+、中敷きが布ではなくゴムっぽいんですよね・・・足臭くならない?それは懸念してます。
時々チェックしていきます。

サイズ感だけでなく、ソールや重さにも違いがありましたのでご紹介。
f:id:cocoromochiron:20210914133227j:plain
f:id:cocoromochiron:20210914133256j:plain
f:id:cocoromochiron:20210914133324j:plain
f:id:cocoromochiron:20210914133334j:plain
スポンサーリンク


さいごに

amazon prime Wardrobeを利用しての上履きフィッティング大会。

2歳次男のお昼寝中に開催されました。

次男君はワードローブの箱が届いたときに
箱を開けろ!
中身を出せ!
箱を破らせろ!
箱に登らせろ!
と滅茶苦茶な要求をしてきましたので、今回はご欠席頂きました。

そして長男君はと言いますど案の定、フィッティング途中で飽き出し
「ねえーまだー?はやくしてー」と不平不満を言い出しました(自分の事だろオイ!)。
しかしそこは自宅でのフィッティング。なんとかたしなめ、自分に合う上履きを選ぶことができました。

お店であればイライラしたであろう上履き選び。
家でしたので、心の乱れも最小限で済みました。

なんて有り難いんだ!amazon prime Wardrobe!

消費者びいきで実店舗殺しなシステムだとは思いますが、コロナ禍に必要な買い物のスタイルだとも思います。

必要な時は利用していきたいと思います。

スポンサーリンク