こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

携帯ゲームはやらないと決めていたけどポケモンgoを始めて悪くないと思った話

今更ながら、ポケモンgoを始めました。

携帯ゲーム、ネットサーフィンの類は時間のムダ、としてやらないと決めていたのですが、とあるきっかけでポケモンgoを始めることに。

3ヶ月経って、携帯ゲームも悪いことばかりではないなぁというのが感想です。

始めたきっかけと、意外と複数あったメリットをご紹介致します。


スポンサーリンク


ポケモンgoを始めたきっかけ

3ヶ月前、次男くんを出産したのですが、時を同じくして長男くんの小学校入学がありました。  

そして懸念していたとおり、長男くんは入学早々大泣きで登校拒否。
 
登校拒否どころか、玄関から外に出ることも拒否するようになってしまいました。

どうしたものかと考えた末、ポケモンgoをやったらどうだろう!と思いつきました。

ポケモンgoは外に出て、ポケモンを捕まえるゲームです。
長男くんを外界におびき出すのにもってこいでは?と考えたのです。

ゲーム大好きの長男くん。
筋肉の病気の為、歩き出すのが2歳2ヶ月と遅かったのですが、歩き出したきっかけもゲームセンターでした。

近所のヨーカドーのゲーセンにて、音と光にウハウハと興奮し、今まで歩いたことがなかったにもかかわらず、いきなりスタスタと10歩歩きました。

その光景は今でも鮮明に思い出せる程感動的でしたが、同時に
「どんだけゲーセン好きなんだ!」
とコケそうになりました。


そんな細胞レベルでゲーム好きの長男くんですが、ゲーセンでゲームができるのは、誕生日か田舎に帰省したときのみ。

ゲームセンター、私があまり好きじゃ、ないんですよね・・・。

時々タブレットでやる知育ゲームは容認していますが、これがすごい食いつき様。

なので、ポケモンgoなんてやらせたら、大喜びで外にも出ようってもんじゃないかと思ったのです。

結果、予想的中。

あんなに外に出るのを拒んでいたのに、
喜々としてパパとポケモン狩りに出かけるようになりました。

f:id:cocoromochiron:20190804205839j:plain

ポケモンgoの良い効果1 〜家族のコミュニケーションツールとして

ポケモンgoは、パパ息子の距離を縮めるコミュニケーションツール、として一時期話題になりましたね。

確かに、親と子が同じ目線で遊べる良いツールだと思います。

そして、私が始めたあと旦那氏も始めましたが、コレ、夫婦のコミュニケーションツールとしても良いと思います。

子供の話題以外で盛り上がれる、簡易的な共通の趣味。

ポケモンgoにより、旦那氏との温度が少し温まった気がします。

ポケモンgoの良い効果2〜ダイエットに

これもまた、ポケモンgoの使いみちとして言われているダイエット。 

私は、産後の
「どうしても落ちないあと3kgのうち1.5kg」
ポケモンgoで落としました。

ポケモンgoをやっていると
「あと少し歩いてみようかな」
という気になる。
これは良いですね。

自転車なんて乗った日には、どこまでだって行きたい気分になります。

ポケモンgoの良い効果3〜障害がある子のコミュニケーションツールとして

今回一番良かったなぁと思うのが、これです。

長男くんは、先にも述べました通り、筋肉疾患のため成長が諸々ごゆっくり。

とても気がよく明るく、お友達好きで、彼自身も愛されキャラ。
でも遊ぶとなると、なかなか同じレベルで遊べません。

それがポケモンgoが真ん中にあると、今まであまり絡まなかった子とも同じ目線で遊べるのです。

普段ならメチャクチャで
「何言ってるの?」
の雰囲気になる長男くんの発言も、ポケモンギャグとして大ウケ。

親としてこんなに嬉しい事はないです。

ゲームも悪い事ばなりではないなぁと思いました。
f:id:cocoromochiron:20190804205926j:plain

さいごに

ゲーム=時間のムダ、悪者と頭ごなしに決めつけていましたが、嬉しいメリットもたくさんありました。

とりわけコミュニケーションツールとしては、秀逸だと思います。

ただし親子ともハマりすぎないように、時間を区切ってやっていきたいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク