こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

二人目高齢妊婦のトラブル〜咳が止まらない〜ついに肋骨骨折か

咳が、止まりません。

かれこれ1ヶ月以上になります。

先月、息子くんの保育園で変な咳が流行っていました。

みな、病院で検査をしても原因は特定できず。 

それなのにいつまでもコンコンしている子供が多数。


我が家の息子くんに関しては、

副鼻腔炎

と診断されるも

抗生剤(クラバモックス)は発疹が出て、途中で飲むのを中止。

しかし幸いにも自然治癒し、咳は止まりました。

が、しかし。

その謎の咳が、見事に私に引き継がれました。

妊婦の咳は検査も薬もダメ

咳が二週間止まらず、困ったので病院を受診しました。

その時は

喉の奥、気管の入り口くらいに

何か小さいものが引っかかって

それを取りたくて咳が出る。

ような感じでした。

風邪の終わりに、時々なる感じです。


普段は、弱い薬では治らずガツンと強い薬で治める。

そんな治療をしていました。

強い咳止めは良くないんですよね・・・。

わかってはいても、止まらないのでそうしていました。


しかし今回は妊婦。

まず、レントゲン検査ができず

血液検査にて

「こうじゃないのかなぁ」

的な推測をしてもらっただけです。

そして、妊婦が使える薬も限られています。


妊婦でも使える薬はこちらのみ。

f:id:cocoromochiron:20190127111002j:plain

パルミコートタービュヘイラー

昔だからこそ、妊婦で治験ができたそうで

いまでは、倫理的に妊婦での治験は無理。

と言うことは、あとにも先にも

唯一無二の妊婦が使える咳の薬だそうです。

パルミコートタービュヘイラー

こちらは、

気道の炎症を抑える副腎皮質ホルモンの吸入薬です。


使い方は

蓋を開け下部の茶色いグリップを一度止まるまで右に回し、

再度カチッというまで左に回す。
 
これで、薬がセットさせるので

容器を水平に持って、吸い込みます。


医師の支持により、一回ないし二回吸入します。


しかしこの薬、

吸入しても全然吸っている感じがしない。

不審に思って、途中重さを測ってみても

未使用品と全く変わらず。

しかしネットで調べると

この薬は、服用感がないらしいのです。

なので、吸えていないと思って

何度もやり直し

一晩で一つの容器をまるまる

吸い込んでしまった患者さんもいたらしい!

恐ろしい〜。

ちなみに、使い終わるとこんな赤い印が小窓に出て

それ以上赤い印が進まなくなります。

f:id:cocoromochiron:20190127111037j:plain

使いきっても、未使用品と重さはかわらずでした。

f:id:cocoromochiron:20190127111257j:plain

吸入薬で痰が大量発生!!

更にこの薬、

私の場合使用しても症状は全く改善されませんでした。

それどころか、使用したことで

気管の痰が増えてきました。


今までの咳とは違い、

痰が絡んで咳が出てしまう感じ。

一週間程して、あまりに痰が悪化するので

吸入をやめてみました。

すると・・・

また最初の

「喉の奥、気管の入り口くらいに

何か小さいものが引っかかって

それを取りたくて咳が出る。

ような感じ」

に逆戻り。


こちらの咳は、自分ではコントロールできません。

ひどいと、夜中や寝起きに

30分から1時間、咳がとまらないのです。

痰が絡む咳であれば、痰がとれれば治まります。

 
と、言う訳で

「コントロール不能咳か」

「痰大量発生咳か」

を天秤にかけ

痰大量発生咳を選ぶことにしました。

咳が改善せず、1ヶ月超。ついに肋骨の疲労骨折か

そんな感じで、咳がとまらぬまま1ヶ月が過ぎた今週頭。

朝、いつものように咳をすると

ズキッッ

と右胸に痛みが。


あ、、、肋骨やっちゃった・・・


そう直感しました。

と、言うのもママ友から

妊娠中の長引く咳で

肋骨を折った話を聞いていたのです。


肋骨というのは、強い力が加わらなくても

弱い力が継続的に加わることにより

折れたりヒビ入ったりするらしいのです。

特に妊婦は折れやすいらしい。


それからは咳だけでなく、鼻をかんだり

少し力むだけでも、肋骨に激痛が走ります。


りんごを切ろうと少し力を入れただけで

痛ッ!となります。

どんどん痛くなるので

このままでは肋骨のひびが大きくなってしまうのでは!?

と、病院に行きました。


しかし・・・

結局検査はできず

使える薬も限られている。 



熱でもでたら別の強い薬をやむなく出すが

そうでもないなら、できることはない。

咳が続いてもヒビいった肋骨が

ボキッといくことはない(しかし100%ではない、そりゃそうだ)。

痛いだけなら我慢してしのいでください。 

痛みが、一生続く訳でもないし。 

と、言い渡されました。

そりゃそうなんだけど、言い方・・・。



妊婦でも使える痛み止めだけ処方され

帰ってきました。

処方された痛み止めコカール

妊婦でも使えると処方された痛み止めコカール。

念の為ネットで添付文書を調べると

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

妊娠後期の婦人への投与により胎児に動脈管収縮を起こすことがある。

妊娠後期のラットに投与した実験で、弱い胎児の動脈管収縮が報告されている

引用参照:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00050111

うーん、ちょっと嫌だな。

耐え難く痛いときだけ服用します。

さいごに

妊婦の咳、結論としては何もできません。

我慢できるのなら、我慢するのが一番いい策です。

しかし咳は生体防御反応。

我慢するのもなかなか難しいです。


そして、咳が長引くと肋骨を疲労骨折します。

泣きっ面に蜂。

踏んだりけったり。

病気にならないように気をつけても

上の子がいたらそれも避けられず。

妊婦は辛いよ。 

痛みに耐えつつ、頑張りましょう。

ちなみに、経験者によると

肋骨の痛みはお産のとき影響なかったらしいです。

★高齢妊娠関連記事はこちら★
www.cocoromochiron.com
www.cocoromochiron.com
www.cocoromochiron.com
www.cocoromochiron.com
www.cocoromochiron.com

スポンサーリンク