こころもちろん〜たるをしる

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

女が生きていくのに必要だけど無くしたら取り戻せないもの

だいぶ前のことですが、電車でとても印象的なご婦人達に会いました。

平日昼間、新宿発の埼京線
優先席に座っていらした二人のご婦人が、楽しそうに話していらっしゃいました。

お年の頃、70歳くらい。
さり気なくおしゃれな感じの服装。

私が気になったのは彼女たちの喋り方。
額を合わせるように近い距離で、時に小さくコロコロと笑いながら話すその様は、まるで女学生のようでした。

かわいいおばあちゃん
と、いうより
かわいい女性

そんな言葉がぴったりなご婦人たちでした。



スポンサーリンク



私は女が生きていく上で必要なもののひとつに
「可愛げ」
があると思います。

それは容姿のことではなく、可愛げ、の、「げ」が表すように「空気感」。

かと言って、ブリッコとは違う。

可愛げのある人は、その人がいると空気が「フワッ」とほぐれる感じがします。

ブリッコの場合、空気的に男性は「デレっ」とし女性は「イラッ」としますね。

まぁでも個人的には、ブリッコでも可愛げが無いよりはマシだと思いますが。

そしてこの可愛げ。
女性なら潜在的に持ち得ているものではないかと思うんです。

幼少期に芽生え少女期に花開き、20代で熟し、30台でもまぁいける。

ただし、無くなっていくものでもある・・・。

私もかつてはこの可愛げ、持っていました。ええ、確実に。

それが今は、どうも見当たらないのです。

いつ、どこで無くしたのか。

考えると、段階を追ってそうなっていったように思います。

30歳直前に結婚。

決して若くはありませんが、まだこのときは可愛いげがありました。

30歳前半、新婚の時期は過ぎたけれど、まだまだ可愛かった。

長男を出産。
あ、ここだ。
母になる過程で、旦那氏に対する可愛げが徐々に消滅。

しかし子供に対してはまだ可愛いママだったような気がします。


スポンサーリンク



次男出産。
長男が小学校に入学。
まだ長男に対しては可愛いママ・・・。

長男1年生の冬み。
旦那氏とおばあちゃんが、長男君に私のことを「ママではなくおかあさんと呼びなさい」(パパはパパのまま、なぜ)と命じ、呼称がママからおかあさんへ。

そう、ここです。
「おかあさん」と呼ばれ始めたら、なんだか自分の中ですんごい歳くった気がして(まぁ40だからそうなんだけど)、可愛げが恥ずかしくなってきて、長男くんにも「おかあさん」的に接するように。

今までのように、一緒にふざけることがなくなってきたのです。

そして長男くんの前での可愛げも、消滅しつつあります。

嗚呼、恨めしきおかあさん呼称。

可愛げ、一度失うと取り戻すのが本当に難しい(と思っているのは私だけ?)

いくつになっても可愛げは、あっていいし持ち続けることができるものです。

どうかまだ可愛げをお持ちの方、大切になさって下さい。

なくした時の覆水盆に帰らず感、ハンパないですから。

スポンサーリンク