こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

最強の掃除道具はどれだ!ダスキンvsマキタvsルンバ

4月にマンションから戸建てに引っ越した際に

掃除が大変になるだろうと

掃除道具を拡充しました。 

もともとあった

・マキタコードレス掃除機

・普通の掃除機
に加え

ダスキンレンタルモップ

・新築祝いで頂いたルンバ

を約一年間使ってみた感想をお伝えします。

f:id:cocoromochiron:20190215193231j:plain

ダスキンのレンタルモップ

ダスキンをレンタルすることになったきっかけは

旦那氏がおじいちゃん営業につかまったこと。

無料が大好きな旦那氏、

1ヶ月無料レンタルに魅力を感じたようです。

下記の内容が1ヶ月無料でレンタルできます。

f:id:cocoromochiron:20190215194011j:plain

参照:Copyright(c) DUSKIN CO., LTD. All Rights Reserved.

各モップには専用ケースがついてきます。

また、モップのホコリを、掃除機で吸い取れます。


普通にレンタルすると4週間で1890円。

もし1年間利用したら22680円、なかなかいいお値段です。

なので1ヶ月が終わったら止めるつもりでした。


しかしこれが使ってみたら、なんとも使い良い。

掃除機では取れないような細かいホコリが取れるし

軽いので、ササッと掃除ができる


ダスキンの方は

「返す前にはモップをこれでもかってくらい汚して返してください」

とよく言います。


どういうことかと言うと、

返却の前日くらいに普段掃除できないようなところも

モップがけするくらい、使い倒すとお得なんだとか。

例えば、

窓サッシ、ベランダ手摺、外のフェンス、自転車、車などなど・・・。


使ってみて驚いたのですが

ダスキンのモップは、他と比べ物にならないならない程、

汚れをよく取ります


多少お高いですが、一度使ってしまうとやめられません。

 
我が家のこだわり派の旦那氏は

さらに、ダスキンのモップをお得に使おうと

ダスキンの他のモップをも試してみました。


最初に使っていたのが

スタイルフロアララ 4週間1029円

という商品。

そして次に、お値段の安い

ハンディモップF 4週間810円(下記写真真ん中)

をレンタル。

f:id:cocoromochiron:20190215193417j:plain



これは、フロア用ではないので当たり前ですが、

床を掃除するには短くて非常に使いづらかったです。


次にレンタルしたのは

フロアモップF 4週間918円(上記写真左)

フロア用ですが、スタイルフロアララよりも少しお安い

という商品。

これは、モップの可動域が狭く

小回りが効かないので、使いづらかったです。

f:id:cocoromochiron:20190215193441j:plain
⬆分かりづらいですが、棒の可動域がちょっとしかない


何もおいていない、広いフロアを掃除するには良い商品だと思いますが

一般家庭の、障害物の多いリビング向けではないです。

しかも、スタイルフロアララよりも

ゴミの吸着力が弱い様に思えました。


そして結局、スタイルフロアララに戻ってきました。

f:id:cocoromochiron:20190216104026j:plain

色はインテリアに馴染むグレーにしました。

やはりこのモップは使い勝手が良いです。
 
ただ、グレーは赤に比べて汚れが見えづらいので

掃除してこんなにホコリが取れた!

という快感は少ないかもしれません。

ちなみに専用の掃除機は、

単体レンタルだと575円ですが、

モップとセットだと302円で借りられます。

アイロボットルンバ

f:id:cocoromochiron:20190217162615j:plain

人生初のルンバです。


最初はリビングで使用していましたが

今は2階にいます。


その理由。

ルンバは障害物に弱いです。

特にカーペット。

巻き込んだり乗り上げ損なって、ドタバタいったり

ルンバのメリットである

「放ったらかし」

が、障害物の多いリビングではできない。


カーテンも巻き込みそうになったことがあるので

ホント、目が離せません。


しかし、障害物の少ない部屋では

「放ったらかし」

のメリットを発揮できます。

 
2階だけでも掃除してくれればとても助かるので

あると便利なルンバです。


ただ、細かいホコリは取れず、床はピカピカにはなりません


ピカピカが10 だとしたら、6割方のキレイ度です。

あとは、ゴミBOXが小さいのですぐに貯まり

その手入れもけっこう面倒くさいです。

マキタのコードレス掃除機

f:id:cocoromochiron:20190217162759j:plain

前のマンションから使っているマキタ。

なくてはならない存在です。


ちなみにこのマキタは二代目。

以前のものは馬力がなく、あんまり・・・

でしたが、こちらのマキタはかなり満足レベル。


軽いし、ササッと掃除が出来る。

ごみ捨ても紙パックなので楽です。


難点は、こちらも細かいホコリは取り切れず7~8割方のキレイ度。

あとは、紙パックがにゴミが貯まってくると

吸引力が弱くなること。


ただし、本当に使い勝手が良いので

どれか一つを手元に残すとしたら

マキタ!と即答な程

なくてはならない掃除用具です。


普通の掃除機も所有していますが

布団のダニ吸取りの時くらいしか使いません。


ちなみに、コードレスはダイソンが良さそうなイメージがありますが

ダイソンは、重いです。

実演販売の時に何度かつかわせてもらいましたが

「重!これで掃除できるのか!?」

と思いました。

小柄・細身の日本人向きではないように思えます。

結局どの掃除用具が良いか

前述しましたが、個人的にどれか1つだけ手元に残すなら

マキタのコードレス掃除機です。


ただ、ダスキンモップをかけたときの

スッキリ感は、一度味わうとやめられません


ピカピカを目指し、掃除用具にお金をかけてもよいのならば

マキタとダスキンの両使いがオススメです。 


さらに余裕があれば、ルンバがあってもよいかと。 


ピカピカは求めず、手軽さを求めるのならばルンバだけでも。


それぞれ特徴はありますが、

どれかひとつだけでは

手軽に、ピカピカにはならないものだなぁと思った矢先、

手軽にピカピカにできる方法がある・・・と気づきました。


それは部屋に何も置かないこと。


そうすればどんな掃除用具でも、

簡単にピカピカになりますね。

と言うか、掃除用具いらず。

雑巾がけでピカピカです。


ただしそれは、なかなか実行するには難しい。


掃除用具は

・部屋の状態

・求めるものは何か(手軽さ?ピカピカ?)

が、うまく折り合いがつくように選べば良いのではないかと思いました。

★和が家のマキタ、やはりamazonでもベルトセラー!!

スポンサーリンク