こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。楽してきちんとできたらな、時々、筋疾患持ち息子君とのゆるり日記

スポンサーリンク

勝手に比較〜生協とパルシステムのフイッシュソーセージ

勝手に比較シリーズ第2弾です。前回の記事はこちら。

cocoromochiron.hatenablog.com


パルシステムのフイッシュソーセージが好きでよく注文しているのですが、
最近生協の宅配でもオリジナルのフイッシュソーセージができた模様

これは比較しなくてはいけません。

パルは配達料がかかりますが、生協は今のところ無料。
来年から生協も配達料を見直しするらしいので、今の様に2つ利用はできなくなります。
どちらかに絞るために、今のうちに、色々比べなくては。

フイッシュソーセージ対決。

f:id:cocoromochiron:20171227072050j:plain
左が生協、右がパルです。

価格

生協…8本/160g  203円  12.6円/10g
パル…8本/172g  211円 12.2円/10g
お値段はさほど変わらず。

見た目と開けやすさ

生協の方が若干細め。
そして何とも言えない色をしています。
開けやすさはパルの勝利。
どこからでも開けられて、ストレスなしです。
生協はフイッシュソーセージによくある、赤いのを引っ張るとそこから開く感じ。

お味

生協…なんでしょう。何とも言えない色同様、お味もぼんやりとしています。
薄味で、風味もあまりなく…。美味しくなくはないのですがぼんやりと…してます。

パル…美味しいです。男こどもが好きな感じの風味がします。香辛料の様な。

総評として、やはり買うならパルだな、と結論。

気になる添加物

成分表にある

アセチル化リン酸架橋デンプン

が気になります。

以前から気にはなっていたのですが
「とは言えパルシステムオリジナル商品だし」
と信用し割りとヘビーユースで買っていました。
いい機会なので調べてみました。

厚生労働省の資料を読んだ結果の私の理解。

加工でんぷんは天然のでんぷんに科学的処理を加えたもので、
以前は添加物扱いじゃなかったけど、数年前から添加物扱いになった。
米国やEUでは以前から添加物扱い。
安全性は高いとされているが、マウスの実験で異常がみられたとの報告もある
(危険性が立証はされていない程度)

むむ。あまりよろしくない印象です。

巷には添加物が溢れていて、知らぬ間に摂取してしまうのは仕方ないとは思うんです。

そこまでストイックにはできないし。

老い先短い私はいいとして、子供には程々にしておこうかな、と思いました。
ちなみに生協のフイッシュソーセージにも加工でんぷんは入ってます。
フイッシュソーセージのモチプリ感を出すためには、仕方ないのですかね…。

f:id:cocoromochiron:20171227072233j:plain

スポンサーリンク