こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

埼京線十条手前で見えるあの公園、清水坂公園に行ってきました

少し前ですが、家族で板橋区清水坂公園に遊びに行きました。

清水坂公園」
と聞いてピンとくる方は少ないと思います。

けれど、
埼京線に乗っているとき赤羽から十条の間に見える広い公園、長いすべり台ぽいのみえるとこ」
と聞けば、埼京線ユーザーであれば
「あぁ〜あれ!」
となると思います。
完全に埼玉県民の内輪ネタでスミマセンが…。

赤羽〜清水坂公園

この清水坂公園、十条からも赤羽からも微妙に遠いんですよね。

なので、
①子供がいてロング滑り台を滑りたい!
とか
②車窓から見えるあの公園に行きたくてしかたない!
という好奇心旺盛な人、
もしくは
③自転車でたどり着ける距離の人
くらいしか行かないのでは、と思います。

ちなみに私は子供が生まれる前に②として訪れたことがあります。

当時、散歩の達人を気取り、都内のお散歩スポットを歩いておりました。

谷根千やら本郷やら数ある洒落たお散歩コースを歩きましたが、結局一番気に入ったのはディープな街、赤羽。

山田孝之東京都北区赤羽」でも度々登場しましたが、赤羽駅西口〜十条にかけては起伏に富んだ地形に、道が入り組みカオス!

「階段を昇ったら不思議の街でした」
のキャッチコピーでもつけたいくらい。
うっかり異空間へ辿り着いてしまうのでは!?とも思えるドキドキ感を味わえます。

階段あり神社あり猫ありの、散歩マニアには垂涎もののエリアなのです。

散歩の達人当時、10年近く前なのでスマホなど持っていなかった私は地図を片手に赤羽から清水坂公園を目指しました。

くり返すアップダウンと、南北を無視して作られた道に体内の方位磁針を完全にやられました。

普通に平坦な道を通っていけば20分くらいで着くところだったのですが、散歩欲を出したため到着まで一時間以上かかってしまいました。


冬の平日で公園には誰もいませんでしたので、一人ロング滑り台すべってみました。
ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…。
長い。
ゴロゴロゴロゴロ…。
お尻が痛い。
ゴロゴロゴロゴロ…。
…やっと下まで到着。
ふぅ、寒かった。
わー!ジーパンのお尻真っ白!

…子供が生まれてロング滑り台、たまに滑りに行きますが、わりと靴で滑りますよね。
乾いた砂でお尻真っ白。
大人、気をつけて!

アラサーソロのロング滑り台は思いの外楽しくなく、もう二度とこの公園には来ないだろう。と思いながら帰路につきました。

清水坂公園のコインパーキング事情

二度と来ないと思った場所には、往々にして二度も三度も来たりするものです。

私も例にもれず、清水坂公園は頻繁にではありませんが利用します。

頻繁に利用できない理由は、駐車場がないから。
周辺にコインパーキングはあるのですが、40分200円というにくい価格設定。

いやほんと、これいい意味のニクイではなく、小憎たらしい設定なんです。

公園で遊んでいて「そろそろ帰るか、あ!時間オーバーしちゃう!」

と子供を追い立て、ストライダーやらボールやらを小脇に抱え斜面と階段を猛ダッシュで戻って来て、1分オーバーしてても40分の料金が取られる。
鬼です。

精魂尽きて、公園に戻る気にもなれず200円を無駄にしてしまいます。

ですので、車で来られる方、駐車開始時間は必ずや覚えていて下さい!!
そして帰るときは余裕を持って!

清水坂公園内の様子

前置きが長くなりましたが、清水坂公園の様子です。

清水坂公園は、武蔵野台地の崖地を利用した立体感のある公園です。
ロング滑り台も、地形を利用し設置されています。

f:id:cocoromochiron:20180126013257j:plain
これは全景、下から撮った様子。埼京線の車窓から見える風景と同じアングルですね。

f:id:cocoromochiron:20180126013348j:plain
公園案内図。
いくらなんでもボロボロです。
なんとかして…。

ちなみに、コインパーキングがあるのは私の知る限り赤丸のあたり。
公園西側、斜面の上位置です。
他にもあるかもしれません。

f:id:cocoromochiron:20180126013431j:plain
梅が咲いていました。

f:id:cocoromochiron:20180131122252j:plain
ロング滑り台、ここから滑ります

f:id:cocoromochiron:20180126013620j:plain
滑り台全景。

f:id:cocoromochiron:20180126013640j:plain
降りたあと昇るのが一苦労。

息子君、お尻が痛い。と滑り台は1回でギブアップ。
残念ですが、想定内です。

f:id:cocoromochiron:20180126013706j:plain
これは自然ふれあい情報館。
手作り感あふれる自然の情報館です。

f:id:cocoromochiron:20180126013744j:plain
この丸石を敷き詰めた場所は、夏には水遊びができるそうです。

ちなみに息子君、一年前に来たときはこのデコボコに足を取られ怖がって歩くこともやっとでした。
※我が家の息子君は生まれつきの筋疾患があります。関心のある方は、過去記事をご覧ください

それが、今回は怖がる素振りもなく歩いていたので、体幹がしっかりしたのだなぁ、と実感しました。

そんな息子君の成長を感じつつ、お腹がすいたのでお昼ごはんの買い出しです。

十条商店街でお昼の買い出し

清水坂公園は埼京線十条駅から歩くと15分くらい。
十条駅には魅惑の十条商店街があります。
f:id:cocoromochiron:20180126013856j:plain
今回は公園に近い富士見銀座でお買い物。

まずは、息子君のリクエストで十条銀座の終点あたりにあるダイソーにてシャボン玉を買いました。
その後コンビニでおにぎりを買い、メディア等で名な鳥富士さんでお惣菜を購入。
f:id:cocoromochiron:20180126013934j:plain

途中、かわいいチーズケーキ屋さんを見つけたので1つ購入。
ODEON fwariさん
f:id:cocoromochiron:20180126014008j:plain
f:id:cocoromochiron:20180126014039j:plain

十条にはおしゃれなお店が増えてますね。


公園でお昼を広げます。
f:id:cocoromochiron:20180126014124j:plain
お惣菜はポテトが温かく美味しかったです。
他のものは冷えていたので冬は寒いかな。
考えれば家庭で温めて食べる用のお惣菜なので冷えていて当たり前ですが。
f:id:cocoromochiron:20180126014150j:plain
チーズケーキ、美味しくて取り合いになりました。

昼食後はシャボン玉をして、ストライダーを軽く流して公園を後にしました。

3時間近くの滞在でした。

子供がいれば、ボールやらストライダーを持って遊びに来ると楽しいです。

カップルやソロ活動の方は電車で来て、十条銀座をふらりとしながら公園でのんびり、も良いですね。
春には桜も咲きます。

スポンサーリンク