こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

2017年11月子連れリピーターのゆるっと鉄道博物館訪問記

f:id:cocoromochiron:20171214132643j:plain

先月中旬、家族で鉄道博物館に行ってきました
鉄道博物館、略しててっぱく。
我が埼玉県が誇る(数少ない)観光スポットのひとつです。

てっぱくは我が家から比較的近く、入館料もお手頃と言うことで、訪れるのは今回で4回目。
初めて訪れたときは感動しましたが、4回目ともなるといささか飽き気味になってきます。
今回はそんなゆるっとした4回目のてっぱく訪問記をお届けします。

入り口、撮影スポット

到着は11:30。
早速やる気が感じられない時間です。
大丈夫、頑張らないのもリピーターが楽しむコツ。

入り口の前の蒸気機関車
f:id:cocoromochiron:20171214132800j:plain
撮影スポットです。
蒸気機関車の前の時刻表の床も、写真映えするのでオススメな撮影スポット。
f:id:cocoromochiron:20171214223430j:plain

キッズカフエ、その他レストラン

今回は2017年4月に完成したキッズプラザの中のカフェでお昼を食べることに。
入館したら左方向に進みます
途中、運転シュミレーションが空いていたので一回だけ運転し、移動。
f:id:cocoromochiron:20171214132832j:plain
f:id:cocoromochiron:20171214132856j:plain

こちらがキッズプラザ
f:id:cocoromochiron:20171214132949j:plain
キッズカフェメニュー
f:id:cocoromochiron:20171214133037j:plain
注文したのはてっぱくバーガー、チキンバーガー、キッズバーカー、ポテト
f:id:cocoromochiron:20171214133144j:plain
写真では伝わりにくいですが、キッズバーカーはバンズが驚きの小ささでした。

お味は、普通、かなー。個人的にはチキンバーガーが1番美味しかったです。

てっぱくは他にもレストランが2箇所あります。
入り口の近くの「日本食堂」と二階の「トレインレストラン日本食堂」

日本食堂のメニュー
f:id:cocoromochiron:20171214133238j:plain

トレインレストランの様子とメニュー
f:id:cocoromochiron:20171214222443j:plain
f:id:cocoromochiron:20171214222529j:plain

他にもランチトレイン等、持込のお弁当を食べられる場所もあります。
我々家族は、2階の線路が見える席でお弁当を食べるのが好きで過去2回はここで食べました。
f:id:cocoromochiron:20171214133544j:plain

ミニトレインの整理券をもらう

昼食後、パパ&息子君のお気に入り、ミニ運転列車へ。
f:id:cocoromochiron:20171214133634j:plain

200円で小学生以上が運転可能ですが、未就学児も大人のお膝の上ならオッケー!
鉄ヲタでなくとも、男心をくすぐるミニトレインです。
整理券をもらいに行くと、平日というのに2時間待ち。
どうやら団体さんが一人一枚整理券を持っていった模様。
鉄ヲタ心は否応なくくすぐられるのでしょう。

ミニトレインは早めに来るのが正解ですね。
我が家は平日しか来たことがないのですが、休日は開館早々並ぶ必要がありそうです。
f:id:cocoromochiron:20171214223825j:plain

キッズプラザ上、化学ステーション

さて、ミニトレインの整理券を受取り、館内をうろつきます。
キッズプラザ上の科学ステーションが未体験なので、こちらを覗いてみることに。

こちらはキッズプラザ1階のプラレールの遊び場
f:id:cocoromochiron:20171214133749j:plain
「ここまできてプラレール!?」と言いかけますが、コンセプト自体の否定にもなりかねないので飲み込みます。

そんな矢先「ここまできてプラレール!?」とチビッコに言っているママを発見。

…大人の考えることは同じですね。

でも子供にとっては、あの大きなスケールでプラレール遊びができる、そりゃもうたまらないのでしょうな。
他にもパーツを組み合わせておままごと駅弁を作るコーナーや、ヨチヨチちゃん達が遊べるスペース等、小さな子供が楽しめるゾーンです。

そしてこのキッズプラザの2、3階が科学ステーションになっています。
鉄道の化学をテーマに、楽しみながら学べる体験の場を提供しているらしいです。

こんな感じ。
f:id:cocoromochiron:20171214220045j:plain

よくできていると思うのですが、人はチラホラ。
息子君のリアクションも微妙。

時々食いつく。
f:id:cocoromochiron:20171214220347j:plain

小学生くらいの子どもや、大人が楽しめるゾーンではないかと思いました。カップルでも楽しいかな。

お土産ショップを経由し展示コーナーへ

科学ステーション2Fから通路を渡り、展示コーナーへ移動します。
息子君を夫に任せ、ちょっとお土産物色。
お土産よりこのガチャガチャのスノードームにハートを射抜かれました。
f:id:cocoromochiron:20171214220308j:plain

少しだけ買い物し、ジオラマをみていた息子君達と合流し、展示コーナーへ。

このスイッチバックの模型は、ボタンを押すと電車が動きます。
f:id:cocoromochiron:20171214220444j:plain

息子君赤ちゃんの頃からの、大のお気に入り。
この模型、地味ですが来るたびチビッコ達に囲まれているので、人気者があるのだなぁと思います。

すぐ近くにあった「鉄道昇開橋」の模型も同じくらい大好物だったのですが、今回は見当たりませんでした。
ボタンを押すと船が動き、橋がウィーンと昇り、船がくぐって進む仕組みで、
Eテレピタゴラスイッチの「そこで橋は考えた」を思わず鼻歌ってしまう楽しさ。
かわ〜流れているよかわ〜
できんのかな、こんな橋、ホントにあんだなこんな橋♪
撤去されたのならカムバック希望です。

引き続きウロウロ。
なぜが新幹線のゴミ片付け作業のマネキンに釘付けの息子君。
f:id:cocoromochiron:20171214220556j:plain

そろそろイイ時間になったので、ミニトレインに戻ります。

シンカリオン発見!

途中、シンカリオンのおもちゃが飾ってあるのを発見。
f:id:cocoromochiron:20171214220652j:plain
f:id:cocoromochiron:20171214220722j:plain
2018年1月からTBS系で放送されるとのことですが、私が訪れた時はわりとひっそり展示されていました。
エヴァンゲリオンのやつ(シンカリオン500 TYPE EVA)倒れちゃってるし。

11/25に盛大なシンカリオン出発式をやったらしいので、今は大々的に飾ってあるかもしれないです。

てっぱくライン乗車後ミニトレイン運転

てっぱくライン乗り場を通り過ぎようとしたら、発車時間間近だった為、乗ることに。
f:id:cocoromochiron:20171214221444j:plain

乗ってしまうとただの狭い箱ですが、やはり動くものに子供は喜びます。

いよいよミニトレイン。
f:id:cocoromochiron:20171214221530j:plain

車窓から
f:id:cocoromochiron:20171214221556j:plain

パパと一緒に運転です。
以前来たときは、運転終了後に係の方が「ミニトレインと一緒に写真撮りますよー」と言ってくれたのですが、今回はそんな声かけがなく残念でした。

最後にまた運転シュミレーションで〆です。
f:id:cocoromochiron:20171214221834j:plain

ゆるぼんやりと過ごしましたが、滞在時間は4時間。
けっこう堪能致しました。

お土産

これが今回のお土産。
f:id:cocoromochiron:20171214222027j:plain

f:id:cocoromochiron:20171214223057j:plain
榮太樓飴、大林りんごがとーっても美味しかったです。

原材料はりんごと砂糖のみ、シンプルで優しい甘さです。
トミカプラレールの大きな日本地図は、大人も楽しめます。
ガチャガチャ。はやぶさが欲しかったのですが、中央線?(クモハ101形式列車だそうです)
f:id:cocoromochiron:20171214222122j:plain

鉄道博物館まとめ〜主にチビッコ受け

・ミニトレインの整理券取得は全力で
・小学生のお子様は是非化学ステーションの体験を
・お昼ごはんはレストランにこだわらず持込お弁当でも楽しい
・ミニトレイン、てっぱくライン、運転シュミレーション、ジオラマは子供が喜ぶ四種の神器
スイッチバック模型は地味だが子供にハズレなし!
・頑張りすぎず、ピクニック気分でお出かけを

※2018年夏の全面リニューアルに向けて、一時的に閉鎖している施設があります。来館時は公式ホームページでチェックしてくださいね

スポンサーリンク