こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

板橋区立熱帯環境植館はミニ水族館が楽しいです

先日、家族で板橋区の「熱帯環境植物館」に行ってきました。

以前からその名は耳にはしていましたが、訪れるのは初めて。
人によって「すごい好き!」と言う人と、「つまらない」と言う人と意見が別れるので、あまり期待はせずにのんびり過ごすつもりで行きました。

板橋区熱帯環境植物館

まず、植物館自体の駐車場はありません。
隣接する高島平温水プールの有料駐車場に停めると、駐車券を受付に出せば40分まで無料となります。それ以降は20分ごとに100円がかかります。
※最新情報は直接施設にお問い合わせ下さい

f:id:cocoromochiron:20180114151151j:plain
入り口はこちら
券売機で券を買って、受付のお姉さんにちぎってもらいます。
入館料は大人260円、未就学児は無料です。

階段を降りると水族館ゾーンです。
f:id:cocoromochiron:20180114151335j:plain
f:id:cocoromochiron:20180114172256j:plain
水族館ゾーンに入ると、息子君大興奮!

え、アナタ今までサンシャイン水族館エプソン品川、名古屋港水族館美ら海水族館と行きましたけどそんなに喜んだことありました?

息子君にツッコミながらも、何でしょう、かく言う私もこの胸の高まり。

今まで行った中では、比べ物にならない程の規模の小ささですが、楽しい!

規模が小さいがゆえの、距離感の近さがワクワクの理由でしょうか。

f:id:cocoromochiron:20180114172344j:plain
f:id:cocoromochiron:20180114172409j:plain
水槽の上に、展示されている魚達の情報が解説されています。

なにこの魚?かわいー。ふむふむ、これは◯◯ね。とすぐに確認できて楽しいです。

f:id:cocoromochiron:20180114172436j:plain
へえ。チンアナゴとニシキアナゴはキツネとタヌキくらい違うのか、とか。

f:id:cocoromochiron:20180114172508j:plain
癒し珍し系の、面白かわいい魚が揃っています。

水族館ゾーンを抜けると熱帯植物館ゾーンです。
f:id:cocoromochiron:20180114172526j:plain
こちらが、熱帯植物館へ登る階段。
熱帯植物館に入ると急にムッとします。
おー、これは南国の空港に降り立った時に感じる熱気。雰囲気でてます。
f:id:cocoromochiron:20180114172555j:plain
熱帯植物が生い茂り

f:id:cocoromochiron:20180114172619j:plain
途中滝があったり

f:id:cocoromochiron:20180114172648j:plain
洞窟があったり、ちょっとしたアトラクションの様です。

f:id:cocoromochiron:20180114172728j:plain
亀もいます。名前はムッちゃんです。

熱帯植物館の方は、息子君さほど食いつかず。

f:id:cocoromochiron:20180114172748j:plain
滝はお気に召した様でしたが、植物館はサラッと流して出口です。

所要時間は約一時間半。
思った以上に楽しかったです(^^)
楽しかったのは主に水族館です。
お近くでまだ訪れたことのない方、期待をせずに行ってみて下さいね♪

スポンサーリンク