こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

2017年スパリゾートハワイアンズモノリスタワー宿泊記~前編~


f:id:cocoromochiron:20171209155458j:plain

 

先月、家族(夫・私・4歳の息子の3人)でスパリゾートハワイアンズモノリスタワーに1泊旅行をしてきました。

子供が産まれてから2度目となる家族旅行。

抜かりないよう事前準備してのぞみましたが、忘れ物や現地での困った!など。反省点も多々ありましたので、次回に向けての備忘、これから行く方への参考にもなればと簡単な旅行記を記します。

 

 スパリゾートハワイアンズ~事前準備・到着・お昼ご飯・お部屋の様子

 

下調べから予約

 

スパリゾートハワイアンズに行きたい、というのは夫の長年の夢。

私的にはあまり興味がなかったのですが、子供も小さいしそんなに遠くもないしいいかなーととりあえずガイドブックを購入しました。

f:id:cocoromochiron:20171209161308j:plain

ガイドブックってすごいですね。読んだらもう、次の日には行きたくなりました。

それまでオファーに生返事だった私ですが、夫を急かして予約を取ってもらいました。

その時は8月でしたが、あまり寒くならないうちにと10月の前半を予約。

 

予約はスパリゾートハワイアンズの公式HPでとりました。

理由は、キャンセル料発生が3日前からなことと、株主優待割引が使用できることです。

息子は保育園に通っているので、旅行前になって体調を崩すことも考えられます。というかその可能性は低くない。

子連れにとってキャンセル料の発生開始日は、遅ければ遅いほどありがたいのです。

案の定、体調こそ崩しませんでしたが、この10月の長雨で子供の運動会が順延に次ぐ順延。

結局1週間前に予約を取り消し、11月に変更しました。

ああやっぱりキャンセル料¥0で良かった。

 

そしてスパリゾートハワイアンズをお得に利用するために欠かせないのが株主優待券です。

スパリゾートハワイアンズでは常磐興産の株主優待が利用できます。

f:id:cocoromochiron:20171209161352j:plain

優待では所有株数に応じて

スパリゾートハワイアンズの入場券

・ホテルの宿泊割引券

・お食事割引券

スパリゾートハワイアンズのゴルフコース割引券

が取得できます。

 

f:id:cocoromochiron:20171209161744j:plain

出発~到着

 

今回は初めてということで、現地までは無料バスではなくマイカーで行きました。

8時過ぎに家を出、外環三郷~常磐道を通り現地へ。

途中、友部SAで休憩をし、現地に到着したのは11:30くらい。

ナビでは2時間40分の所要時間でしたが、休憩とだいぶゆっくり走ったのとでお昼前の到着となりました。

 

車をエントランスに横付けすると、ホテルマンが荷物のカートを持ってきてくれます。

私と息子は車を降り、夫だけ駐車場に車を停めに行きました。

チェックインは13:00~ですが、事前に受付をし荷物を預けることができます。

f:id:cocoromochiron:20171209170210j:plain

また、この受付をすることで13:00に戻って来た時、並んでいる方を横目にスムーズにチェックインすることができました。

入り口にはドリンクサービスがありました。

f:id:cocoromochiron:20171209160350j:plain

これはウエルカムドリンクの様で、夜(フラショーの前)に飲もうとしたらもうありませんでした(泣)。欲張りな私にはこれがなかなか心残りで、翌日の朝チェックアウトの時にあるかしら、と期待していたのですがやはりなかったです(当たり前か・・・)。

 

プール内フードコートでランチ

 

チェックインまで小一時間あるのでお昼を食べよう、ということに。

せっかくなのでプールの中のフードコートで食べます。

プールの中ですが水着でなくても入れるゾーンはあり、フードコートも着衣でOK。

モノリスタワーからはハワイアンズ施設まで外に出ずに行くことができます。

フロント左手のエスカレーターで下に降り、通路を通り、売店を抜けると入り口です。

チェックイン後はムームーとアロハが入場券代わりで、服パス(顔パスみたいな)になるのですが、チェックイン前は受付時に入場券を渡されるので、もし係員から求められたらそれを見せる必要があるとのことです。

プール入り口を右手に進むとフードコートゾーンです。

f:id:cocoromochiron:20171209170239j:plain

プールの中の湿気と、気温も常夏(28℃)に設定されていることもあり、かなりムッとしています。秋服を着た人がご飯を食べるには息苦しい環境ですが、そんなことを言っては始まったばかりのハワイアンが台無しです。

気を取り直し、本日のランチはどこにしようかしらと悩みます。

こちらはバイキング方式のレストラン

f:id:cocoromochiron:20171209160837j:plain

カレー

f:id:cocoromochiron:20171209160947j:plain

ピザ

f:id:cocoromochiron:20171209161020j:plain

ロコモコ

f:id:cocoromochiron:20171209163649j:plain

ハンバーガ

f:id:cocoromochiron:20171209162327j:plain

ハンバーガーメニュー

f:id:cocoromochiron:20171209162435j:plain

今回はハンバーガーとロコモコにします。

宿泊客は部屋の号室を伝えると、チェックアウト時にまとめて清算できるとのことなのでツケてみることに。

データが届いていないらしく、店員さんがいちいち紙を開いて確認していました。

ちょっと時間がかかるし、財布を持っているならそこまでしてツケる必要ないかなと思いました。

食事の場所ですが、フードコートの前に机と椅子が設置されています。

しかしお昼時とあってうまっていました。右手に席数の多い無料休憩所もあったのでそこで食べることに。

f:id:cocoromochiron:20171209170315j:plain

リゾート感はありません。学食的イメージ。

こちらが本日のランチ

f:id:cocoromochiron:20171209164337j:plain

奮発して買った激うまバーガーは、うーん、微妙。

ハンバーガーに関しては、今どきのグルメバーガーブームで、きっと皆舌が肥えていると思うので、もう少し力を入れたほうがいいかなという印象。

ロコモコは、お米が堅かったですがハンバーグやソースの味付けはおいしかったです。

事前の口コミではイマイチの意見もありましたが、我が家は3人で取りあいになりました。

この無料休憩所は、入り口は解放されていますが、独立した部屋になっていて、プールからの湿気もさほどきにせず食事をすることができました。

 

プール内の散策

 

食事後はまだ時間があったので、プール内を散策してみます。

フードコート入り口あたりにある2Fへの階段を上がると、プールをぐるりと周遊できる通路があります。

f:id:cocoromochiron:20171209170540j:plain

ぐるっと周って下見です。

f:id:cocoromochiron:20171209170756j:plain

f:id:cocoromochiron:20171209170824j:plain

気分が盛り上がってきます。

 

今回宿泊したお部屋~ハワイアンオリジナルルーム

 そんなことをしているうちに13:00なったで、ホテルに戻りチェックイン。

こちらのお部屋が今回泊まったハワイアンオリジナルルーム。

f:id:cocoromochiron:20171209164721j:plain

一段上がったフローリングにお布団を敷いて寝る形です。

これが部屋着のムームー。

f:id:cocoromochiron:20171209164808j:plain

子供も同じデザインで、とっても可愛い。

部屋で着替えて、いよいよお待ちかねのプールに臨みます。

長くなりましたので、中編へ続きます。

 

cocoromochiron.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク