こころもちろん

ミニマリスト志望のアラフォーママです。趣味は整理収納と美味しいものを食べること。ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。また筋疾患のある息子君とのゆるりとした日常も更新していきます。

スポンサーリンク

勝手に比較〜チョコかけパイ菓子

勝手に比較〜チョコかけパイ菓子

世の中には似てるもの、ありますよね。

あれれ?これ、あのメーカーのあれに似てない!?ってやつです。

どうせ似てるなら安くていいモノの方を選びたいもの。

セレブな方々は、ブランドのアレ、とかデパートで買ったソレ、とかを好むのかもしれませんが、庶民は断然コスパ重視です。

そんな訳で、似たもの同士を比較して、個人的感想を述べたりしたいと思います。

第一弾はチョコかけパイ対決。

シャトレーゼのパイショコラが好きなのですが、無印で同じ雰囲気のお菓子を発見しました。
ついでにOKストアにて、ひときわ売れていた森永リーフィを。
役者が揃ったのでこの3者を比べることにします。

パッケージ
f:id:cocoromochiron:20171217162902j:plain
左から
森永 リーフィ
シャトレーゼ パイショコラ
無印良品 チョコかけアーモンドパイ

商品
f:id:cocoromochiron:20171217162931j:plain
並びはパッケージと、同じ(リーフィは裏表の2枚)

断面
f:id:cocoromochiron:20171217162956j:plain
並び同上


食べた感想
森永リーフィ 12(2パック×6)枚 138円(11.5円/1個)※OKストアにての価格

カリッとしたパイの食感とバター?の香ばしい風味、チョコの程よい甘さが美味。すごく美味しいんです。でもスーパーのお手軽お菓子感が感じられるのはなぜでしょう。先入観もあると思うのですが、パイのあまりにも「カリッ」としているところが、手作りではあり得ない感覚だからかな。でも、ホント美味しいです。

シャトレーゼ パイショコラ 12枚 648円(54円/1個)
パイのサクサク感は控えめです。チョコがなんとも深い味わいで、アーモンドのフレーバーも感じられます。
チョコが美味しいんですよね。
調べてみたら、国際基準をクリアしたルギー産のクーベルチュールチョコレートを使用しているらしいんです。
なるほど、納得です。
他にコーヒー味とセサミ味がありまして、それぞれ珈琲感、胡麻感強めです。私はアーモンドが格別美味しく感じられます。

無印 チョコかけアーモンドパイ 12個 250円+税 (22.5円/1個)
商品紹介によると、コーヒー風味のパイ生地に細かく割ったアーモンドをのせて焼き上げ、チョコをコーティングしているらしいです。
これ、単体で食べた時は「美味しー!」って思ったんですよ。でも、シャトレーゼの後に食べたら…あんま特徴ないな、となってしまいました。

総評
リーフィーのコスパが最強です。ちょっとチョコかけパイが食べたくなったら、コレって感じでしょうか。
シャトレーゼのパイショコラは、自分へのプチご褒美とか、気取らない手土産とかに良いと思いますよ。
今回、無印のチョコかけアーモンドパイは、印象薄でした。

以上、完全なる独断と偏見でございました。

スポンサーリンク